物件の取引

お金を握る手

上場不動産投資信託にいろいろなメリットがあります。例えば、個人では到底投資をすることができないような投資物件の収益も享受することができるということです。上場不動産投資信託は銘柄によっては、駅前の超大型オフィスビルや湾岸沿いの物流施設、大型ショッピングモール、都市部の大型商業施設、ビジネスホテルなどに投資をしています。しかも不動産に関する運用のプロが集まって、日々、収益を向上させるための努力をしているわけです。劣化した投資物件を売却して、新しい投資物件を買い、資産の入れ替えで上場不動産投資信託としての品質も維持向上させようとしています。一方で、投資主は特に手間になることはありませんから忙しい人にとっては魅力的な投資商品と言えます。

また、簡単に買い増しや売却ができるというのも大きなメリットです。中古ワンルームマンション等の投資物件を買うもしくは売却するとなると契約書をやり取りしたり、売却先を見つけたりといろいろと手間がかかるものです。しかしながら上場不動産投資信託の場合にはすべて株式市場で完結します。週末に買付価格や売却価格を指値しておけば、次の週末までに買うことができていたり、売ることができていたりする可能性もあります。ちょっと保有してみて、その銘柄を気に入ったのならば買い増しすればよいですし、市場が過熱気味だと考えれば売却すればよいのです。実物不動産での不動産投資とは異なり、投資の初心者でも失敗する可能性は小さいと言えます。