少子化の影響

たくさんのマンション

少しずつですが、少子化の影響によって人口が減っています。マンションやアパートの賃貸物件が増えていますが、空き家のところもあります。経済にも影響を与えており、デパートの売上なども減っているようです。

Read more

物件の取引

お金を握る手

専門的な知識が必要になるのが、不動産の売却取引です。手続きなどが必要になりますが、上場不動産投資信託を行なうことで簡単に売却手続きを行なうことができます。リスクも低いので行なう人が増えています。

Read more

住宅売買のプロ

山と田んぼ

住宅などの不動産を売却したいけど、どのように行なえば良いのか分からないと言う人がほとんどです。任意売却の相談をプロの業者に行なうことで、どう行えば良いのかアドバイスをもらえます。

Read more

魅力的な商品と交換

地域の特産品をお得に手に入るのが、木材利用ポイント制度です。交換可能なポイントを貯めることで、特典と交換することができます。手に入りにくい商品とも交換できるので人気のサービスとなっています。

Read more

流れを把握

緑の家の模型影

見学も資料請求も無料なのはココ!茅ヶ崎でマンションを探している人は、限定物件も公開しているこちらで探してみませんか?

手遅れになる前に知っておきませんか?競売の流れや仕組みについてはこちらへ。早めの対策を考えましょう。

不動産の分野において競売とは、裁判所が入札の形で住宅等を強制的に売却し、その代金を債権回収に充てることをいいます。その大半が、住宅ローンの返済が困難になった場合に行われています。 競売に至るまでの一般的な流れはおおむね次のとおりです。まずローンの返済が滞ると、金融機関が住宅所有者に督促を行います。しかしなおも滞納が続く場合は、金融機関は保証会社に代位弁済を求めます。すると保証会社は弁済分の債権を解消するため、裁判所に競売の申し立てを行います。申し立てが認められると、その旨公示がなされます。そして一般競争入札の結果落札者が決定し、物件がその者の手に渡ります。 競売自体の歴史は古く、明治期にはすでに制度が出来上がっていましたが、利用が急増したのはバブル経済の崩壊以降です。その後は金利の自由化による影響などもあり、時代の流れによって多少の変化はあっても年間の利用件数は常に高水準を保っています。

落札者側から競売を見た場合、不動産を割安な価格で入手できるというメリットがあります。物件の状態にもよりますが、平均的な落札価格は市価の6〜7割程度です。 ただしリスクもあります。裁判所がケアするのは落札者の決定という、先に述べた一連の流れの部分までです。その後、前の所有者が立ち退きを拒否したり、落札後に物件が破損したりといったことが起こっても、落札者が自己責任で解決しなければなりません。 そこで最近では、競売物件を専門に扱う不動産業者が物件入手のサポートを行う例が目立っています。入札情報の告知はもちろん、物件の評価、入札までの流れに係る手続きのサポート、落札後のトラブル解決に係るアドバイスなどを提供してくれるので、競売に不慣れな場合でも安心して利用できます。

オススメリンク

  • オーナーズプランニング

    任意売却を大阪で行なうときは、売却のプロに一任しましょう。住宅ローンの支払いも楽になるので嬉しいですね。
  • 株式会社ハウスドットコム

    情報量の多さに満足出来ること間違いなし。さいたま市で不動産を購入すれば、憧れのマイホーム生活を堪能出来ちゃいますよ。